美食術を求めて -スイーツ専門ブログ-

お菓子を中心に食に関する記事を書いています。

スタディガイドメモ


スタディガイドメモ


“通信課題"
通信課題は全8回で、第一回は5月のスクーリング時に発送が始まり、以後12月まで毎月送られてくるようだ。課題の提出期限は各月末日であるが、目安となっており、遅れても提出はできる。

"実習室利用"
実習課題作成のために実習室を年6回(全て土曜日)解放している。利用料は一回につき1000円で10〜15時まで使用できる。材料は各自用意であるが、道具は利用することができる。


“スクーリング補講"

無料補講期間
2月の5日間の指定された日に欠席した科目を無料で補うことができる。講義、実習ともに無料である。
出席した講義に、補講期間でもう一度出席することはできない。ただし実習のみ二回目でも1実習2万円の有料で参加できる。

2年目以降の在籍
1年目で修了できなかった場合は、事務手数料5000円で次年度在籍することができる。在籍可能期間は最長3年間である。講義参加は無料、実習は材料費2000円である。

特別補講
スクーリング欠席者が補講期間、翌年度授業以外で参加する補講である。先生の都合と教室の都合を加味しながら、受講者が日程を設定できる。講義は1コマにつき6000円, 実習は1コマにつき10000円で材料費は別途2000円である。1日のスクーリングで講義は2コマである。実習は1回で5コマ分使うため、一回の実習を特別補講で行うには5コマ分必要となり52000円となる。

 

 

******************************
通信課題には市場調査というものが4回あった。こういうの好きなので楽しみ。せっかくの機会だし、機会があれば海外の調査もしようかな。

スクーリングは年度内に完結させたい。私の場合仙台を数年の間に移動する可能性がある。特別補講の費用は1コマでの計算なので、たとえ遅刻しても授業には出席したほうが、特別補講を受けた場合でも費用が抑えられるかな。